泉俳句会のホームページへようこそ! 本文へジャンプ
イメージ


当月集

九月集

雹                 きちせ あ や

彫像の挙げし両手や雹降り来

奥美濃の闇の恋しき盆提灯

凌霄の花散りかゝる軒明し

草市に人形町の人出かな

白蓮の花びら二枚野に祈る

 

子蟷螂               井 上 弘 美

子蟷螂にも面差しといへるもの

梅雨冷えの薪奥州外ヶ浜

濡れ色に鰺の煌めくさびき釣り

ほうたるに螢の来る小糠雨

夕焼けのあとのプラネタリウムかな

 

立葵                菅 家 瑞 正

蔵の扉に錠を下ろすや柿の花

立葵きちんと礼儀弁へて

万緑や寺門石段切通し

沢水の音ころころと青胡桃

畝切るに縄を張りをり雲の峰

 

桑苺                秋 山 てつ子

蛇の髭の花に舟音過ぎにけり

神杉に翡翠紛れ込みにけり

健やかや口にひとつぶ桑苺

夏至の日の白帆の数となりゐたり

くさぐさの風に触れをり更衣

 

白菖蒲               長 沼 利恵子

楊梅の落ちる地べたのまくれなゐ

山風の通り道なる白菖蒲

端居して不埒なことをちと思ひ

眉引いて一日はじまる立葵

短夜の電池を充たす電子辞書

 

青葉木菟              陽  美保子

鴉の子一歩一歩に声の出て

日没の音を立てたる濁り鮒

折紙の銀色の涼金の涼

地上十二メートルの声青葉木菟

青葉木菟聞こゆいよいよ花眼なる

 

桑の実               石 井 那由太

十薬の見守る朝戸繰りにけり

かしこみて朝日に向かふ蝸牛

桑の実を食べて白雲ふやしけり

この路にかしこの路に百日紅

黒板に夏と大書や夏惜しむ

 

 

 


       (C) 2012 izumihaikukai. all reights reserved.