泉俳句会のホームページへようこそ! 本文へジャンプ
イメージ


窓下抄    藤本美和子抽


九月
子蟷螂にも面差しといへるもの
畝切るに縄を張りをり雲の峰
夏至の日の白帆の数となりゐたり
(九月集)
衣紋竹母の身丈のなつかしき
七月の鷗は真白忌日くる

山の雨引き寄せからすうりの花
柏槙の立ち去りがたき木暮かな
(石泉集)

ひと臼の田植仕舞の餅を搗く
玉虫の翅をとぢたる札所かな
坪庭の置石めでる麦茶かな
夏つばめ水陰草をかすめけり
ほうたるの数記したる回覧板
落日の刻の近づく御祓川
アフリカのコラの調べやハンモック
点滅の信号栗の花匂ふ
ブラウスのギンガムチェックパリ―祭
花茣蓙に湯上りの膝伸ばしけり
眉うまく描けず卯の花腐しかな
蚕具店残る街道ほととぎす
荒海は闇の中なり薪能

(泉集)



井 上 弘 美
菅 家 瑞 正
秋 山 てつ子

今 関 淳 子

植 竹 春 子
伊 藤 麻 美
小 山 草 史

神 戸 サ ト
小 島 ただ子

遠 藤 久 江
土 橋 モ ネ
大 西 紀久子

片 山 久 子
本 山   薫
星 井 千恵子
橘  い ず み
久志本 宏 子
三 上 かね子
藤 原 惠 子

丸 山 分 水


       (C) 2012 izumihaikukai. all reights reserved.